コメントが入らないようにされている可能性があります。 私はコメントは拒否していませんし、承認制にもしていません。コメントすれば、すぐ掲載されるようになっています。 コメントが出来ない場合アメブロの玉の思いの方にコメントしてみてください。下記です。メッセージもできます。

https://ameblo.jp/arisutama7/entry-12304585702.html よろしお願いします。


タグクラウド

2017年09月25日

おんな城主 直虎の製作者は創価学会?

始めに、被害者の人で、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」を毎週楽しみに観ているという被害者は、この記事を読まないほうがよいでしょう。


気にしないという人のみぜひ読んでください。(TVをよく観ているという被害者も読まないほうがよいと思います)

おんな城主 直虎2.png






創価学会は、そうかと呼ぶことが多いと思います。

私も、電車なので工作員らしき人物だとわかると、その人の近くに行って、「そうか、そうか」と相手に聞こえるように独り言をいいます。

するとその工作員らしき人物は、もの凄く嫌な顔をします。あっやっぱり創価信者なんだなと納得するわけです。

信者でなければ、「そうか、そうか」などと言っても顔に変化はないです。あっても不思議な顔ぐらいはするかもしれませんが


そして、この「そうか」というセリフを、「おんな城主 直虎」では、毎週のように使用されています。昨日の放送は、私はまだ録画して観ていないのですが、その前からは連続して「そうか」というセリフが使われています。


最初に聴いたときは、気にもしなかったのですが、何せ毎回ですので、気になるわけです。ある回では「そうか、そうか」と連発していました。最初から全回録画している人がいれば、確認すればわかります。毎週です。

「そうか」というセリフは頷くときに使用しますよね、なので気にするほうがおかしいと思う人もいるでしょう。

しかし戦国時代は、当たり前ですが「そうか」などという言葉はありません。現代の言葉です。


武家言葉

上記を見ればわかりますが「さようか」なんです。

今までの大河ドラマでは、「さようか」がよく使用されていたと思います。ですので、「さようか」で十分に理解できるんです。なにも難しい武家言葉ではないんです。


なのに直虎では「そうか」です。


私は、ほのめかしが酷いので、TVはスポーツぐらいしか観ないのですが、去年久しぶりに「真田丸」を観て面白かったので、この「おんな城主 直虎」も観ていました。


しかし「おんな城主 直虎」は、ほのめかしが多いと感じています。詳しくは書きませんが、「そうか」だけは、あまりにも違和感があるので、記事にしました。

創価学会大嫌いという人は、この「そうか」に反応したと思いますよ。たぶん私だけではないと思いますね

なので、「そうか」を頻繁に使用する「おんな城主 直虎」の製作者は創価信者ということも考えられます。


NHKは創価に毒されていると記事にしている人も多いです。TVは創価の影響が強いともよく言われます。だからTVはほのめかしが多いですね

「そうか」というセリフは、ほのめかしの嫌がらせだと私は思っている。


「さようか」のほうが、戦国時代のリアル感があるんです。わざわざそのリアル感をなくして制作しているわけです。だから「おんな城主 直虎」は視聴率が低いのです。


戦国時代の大河ドラマは、もう何度も制作しているわけで、今後も制作されるでしょう。今の現代人は戦国物が好きなんです。好きな人たちが大勢観ているのですから、変な小細工はしないで、武家言葉を使用し、素晴らしいドラマだと言ってもらえるドラマ作りをしてほしいと思います。

「そうか」ではないですよ「さようか」ですよNHKさん

追伸

第39回 10月1日放送の「虎松の野望」を観ましたが、「そうか」を10回ぐらい言いましたね!!
何人もの俳優が言ってました。徳川家康役の阿部サダヲは、声を大にして2、3回「そうか」て言ってました。

意地になって、「そうか」「そうか」と言わせているて感じがしました。

おんな城主 直虎はだんだん面白くなくなってきているね、数字に出ています。最近は視聴率11%台です。





posted by ARISUTAMA at 16:00| Comment(2) | 映画・ドラマ

2017年09月18日

被害者どうしのほのめかしについて

読まない方が良かったと後悔する被害者は、この記事を読むのはお止めください。
もしかしたら私もやられるのではと意識する人も記事を読まないでください。






集団ストーカー被害者は、ネットで他の被害者のブログやツイッターをよく見に行くと思う。

私も毎日のように見に行っている。

他の被害者のブログを見たときに、あれこれってほのめかし?と思ったことはないだろうか

被害者の多くがほのめかしという嫌がらせにあっていると思う。

TVでのほのめかし、ラジオでのほのめかし、人の会話でのほのめかしと、いろいろやられていると思う。もちろんネットでもやられているだろう。

ネットの場合は、偽物被害者のブログがほのめかしをやることもあるでしょう。しかし、本物の被害者のブログでもほのめかされたと思うこともあるのではないかと感じている。

私は、このブログではいろいろなことを記事にしている。その記事の中でこれは私に対するほのめかしの記事だと思った人もいるかもしれない。しかし誤解なのである。

被害者どうしのほのめかしは、加害組織がいくらでも簡単に誘導できるのである。

例えば、ある被害者が夕食に豆腐を食べたとしよう。その後に私のブログを見に来て、その日に書いた記事が豆腐の記事であった。その被害者は玉の思いにほのめかされたと感じるのではないだろうか

ほのめかしの被害を受けていない人なら、記事を見てもなんとも思わないのだが、ほのめかしの被害が酷い人はやられたと感じるのである。


集団ストーカーの被害者は全員思考送信を受けていると断言しても過言ではない。

豆腐を食べたくなるという思考送信を受け、豆腐の記事が書きたくなるという思考送信を受けるために一致するのである。


私はマイケルジャクソンが好きなのだが、ある日マイケルジャクソンの曲を聴いた後に、被害者Sさんのブログを見に行った。そしたらその日の記事にマイケルジャクソンの動画が貼ってあったのである。そのとき私もほのめかされたのか?思ったものである。


しかし、私は誘導されるということが十分にわかっているので、あっまた誘導されたのかとも思うのである。でも誘導されるということが理解できていない被害者なら、これはほのめかしだと考えてしまうのではないかと思う。


ほのめかされたと思ってしまうと、こいつは偽者なのかと考えるだろう。そしてそれが、一回だけではなく二回、三回と一致したら、これは間違いなくやられている、こいつは偽者だと確定するのではないだろうか

偽被害者がそのような記事を書いてほのめかしをやっていることもあるでしょう。

でも誘導されているということも理解してほしい。なので、ほのめかしされた記事を見て安易に偽被害者だと決めつけないでほしいのである。


加害組織は、このほのめかしという嫌がらせ誘導によって離間工作を行っているのである。加害組織は、被害者がまとまることが一番恐れているのである。だからいろいろな手を使って離間工作をしている。

現に被害者どうしはまとまっているだろうか?

もし、私のこのブログを見て、ほのめかされたと感じた被害者の方がいるならば、それは誤解である。そのことを重ねて申し上げたい。


離間工作の罠 ~日本を分断する支配者の手口~


マインドコントロール 日本人を騙し続ける支配者の真実


posted by ARISUTAMA at 17:00| Comment(14) | 集団ストーカー 3

2017年09月14日

被害者の凄まじい部屋

安淳徳さんという有名な被害者がいる。

自分の家の住所を公開し、その家を同じ被害者のために開放すると言っている。被害者同誌で語り合い、いろいろな行動を一緒にやりたいと考えているようだ。泊まることも可能だと言っている。

8月1日に開放したが、今まで誰も訪ねてくる人はいなかったようだ。

私も行ってみたいとは思っていたが、行動には移せなかった。そのように思っている被害者も多いのではないかと思う。なので、本当の被害者は安淳徳さんを嫌って行かないのではなく、いろいろな不安があって行かないのだと思う。

よく加害者は朝鮮人だという人も多い、確かにそうかもしれないが、被害者は皆仲間だ。国籍は関係ない。同じ被害者を韓国人だからと言って差別してはいけない。

安淳徳さんの被害は相当に酷い。私も酷いが私以上ではないかと思うこともある。安淳徳さんのブログやツイッターを見れば、その被害の酷さは伝わってくる。

テクノロジー攻撃の被害が酷いらしく、ある部屋を鉄板で囲ったと言っている。それでも防御は出来ないようだ。どんな部屋なのか私も想像したり興味もある。

最近、安淳徳さんの部屋の動画が公開された。

目覚めよ日本!!のリラックスさん達が安淳徳さんの自宅を訪ねたようで、部屋を撮影して公開してくれた。

この部屋がなんとも凄まじい!!

鉄板ではなくアルミであったが、壁、天井すべてにアルミが貼ってある。ここまでしたのかとリラックスさん達も驚いているし、見た私も驚いた。

なぜアルミなのかは、電磁波攻撃にはアルミで防御できるよなことを書いている被害者が多いということ、なのでそれに従って貼ったのではないだろうか、私も窓にアルミを貼ってあるが、アルミなどなんの役にもたたない。安淳徳さんもアルミより鉄板のほうがよいと言っている。

どうも鉄板の部屋は二階にあるらしく、今回は撮影されていなかった。

動画をぜひご覧ください。被害者ではない人たちにも観てほしいいと思います。動画の最初のほうは、安淳徳さんの家を探している場面になっています。



この動画を観ると、加害者組織にいろいろやられているなということがよくわかる

タクシーで安淳徳さんの家に行ったのだが、運転手は家より離れた場所で止めた。カーナビがおかしかったみたいなことを言っているが、もしかしたら工作員運転手の可能性がある。

次に家を探すのにやたら時間がかかっている。スマホが動かないとも言っている。これは遠隔操作であろう。

家を探している途中でゆうパックの軽自動車が止まっている。そして佐川急便も停車して配達している。この二台は間違いなく工作員達でしょう。リラックスさん達が来るのをわかっていて停車しているのである。

安淳徳さんもよく佐川や郵便に遭遇すると言っているし、画像も掲載されている。

私が一番遭遇するのが、ヤマト運輸、次に郵便のバイク、ゆうパックの軽自動車、そして佐川急便などである。これらによく遭遇するという被害者も多いと思う。というより被害者なら間違いなく頻繁に遭遇するでしょう。

なので、これは私たち被害者が動画を観るとわかっていて仕込んでいるのである。

今回、リラックスさん達が安淳徳さんの家に行ってくれたことは、本当に素晴らしいことだと思う。私は参加できなかったが、ブログで皆さんを応援したいと思い記事を掲載しました。 




タグ:被害者
posted by ARISUTAMA at 16:00| Comment(0) | 集団ストーカー 3