コメントが入らないようにされている可能性があります。 私はコメントは拒否していませんし、承認制にもしていません。コメントすれば、すぐ掲載されるようになっています。 コメントが出来ない場合アメブロの玉の思いの方にコメントしてみてください。下記です。メッセージもできます。

https://ameblo.jp/arisutama7/entry-12304585702.html よろしお願いします。


2015年04月27日

エナジードリンク・栄養ドリンクも飲みすぎれば危険


レッドブルは人気があってよく飲んでいる人を見かけるし、頻繁に飲んでいる男性もいますよね

そのレッドブルですが、大量の砂糖が入っているようです。

↓の画像をご覧ください。

レッドブル.jpg

こんな大量の砂糖を飲んでいたら、一時的に元気になっても必ず弊害がくるだろうね

カフェインも多いようです

大量の砂糖を飲んで、血糖値が上がり元気が出てきたと思うようです


栄養ドリンクの飲みすぎは危険!


栄養ドリンクを飲んで力がみなぎったと感じるのは、大量の糖分が身体の血糖値を上げているからだと言います。

ドリンクの効果だけで“元気になった”と錯覚してしまうのは危険で、安易に栄養ドリンクに頼りすぎないよう警告しています。



栄養ドリンクの危険性


2012年11月、米国で『5-hour ENERGY』を飲み92人が体調不良を訴え、13人が死亡、33人が入院しました。10月にも、『モンスター・エナジー』により5人が死亡、1人が心臓発作を起こしています。これらの事実を受けて、米国のFDA(食品医薬品局)が調査に乗り出しています。

モンスター・エナジーを飲みなぜ死亡事故が発生したのでしょうか。2011年12月に1日に2缶を飲んだ10代の少女が死亡し、その検視結果で死亡の原因は「カフェインの毒性による心臓の不整脈」と判断されました。

2008年4月にも心臓に持病を持った人が『レッドブル』4缶を飲み死亡する事故があり、急性的なカフェイン摂取により心臓発作を起こしたと考えられています。

こうして見てみると、カフェイン入りの栄養ドリンクを飲みすぎることは最悪死に至るようなケースもありうるといえ、栄養ドリンクだからといって多量に飲むことはやめたほうがいいといえます。


転載終了

たまに飲むならまだ良いのかもしれないが、一日一本などはやめたほうがよさそうですね


レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか

タグ:錯覚
posted by ARISUTAMA at 14:00| Comment(0) | 危険な商品 2

2015年04月21日

歯磨剤にも毒は入っている


デンターシステマEX.jpg

ラウリル硫酸ナトリウム.JPG


読者の方からコメントをいただき、歯磨剤にはラウリル硫酸ナトリウムという毒が入っているということを知りました。

安い花王のガードハローには毒のフッ素が入っていて、フッ素の入っていないものをと思い、ライオンのデンターシステマEXを買って使用していましたが、これにはラウリル硫酸ナトリウムが入っていました!

それから発ガン性のあるサッカリンナトリウムも入っていました!


歯磨き粉を口に入れるな


一部の市販の歯磨き剤に含まれているラウリル硫酸ナトリウムは、口内粘膜から吸収しやすくダイレクトに血管に入って、15秒で心臓に達します。

あるいは目の裏にたまったり、肝臓や女性の場合は子宮等に蓄積します。そして最近若年性白内障が多くなってきていますが、それも歯磨き剤が原因の1つだと疑われています。

最近の若者に味覚障害が多いのも、歯磨き剤の合成界面活性剤が舌の表面の味蕾細胞を溶かし破壊しているのが原因だと言われています。


保湿剤の『プロピレングリコール』は発ガン促進作用があり、『ポリエチレングリコール』、香味料の『サッカリンナトリウム』は発ガン性があります。

研磨剤の『リン酸水素カルシウム』は量によっては歯のエナメル質を傷つけるなどと指摘されています。製品によっては『酸化アルミニウム』が入っているものもあります。

アルミは脳に届けばアルツハイマーや記憶障害、注意力欠陥、味覚障害、ストレスなどの原因になりやすいです。当然のことながら、瞑想や精神安定の妨げにもなります。

『フ ッ素』これは発ガン性物質です。多くのハミガキに入っています。また、一部の水道水に虫歯予防の目的で添加されています。『フッ素』は免疫機能、神経の働きにダメージを与え、甲状腺などの内分泌系にも影響を与えているとの指摘もあります。


転載終了


一般的な歯磨き剤の問題点(合成化学薬品の有害性!)


日本の歯磨き剤の多くには、ラウリル硫酸ナトリウムという合成界面活性剤が使用されています。

合成界面活性剤を口腔内で使用すると 急速に粘膜から吸収されていきます。

口腔粘膜は、皮膚からの体内浸透に比べて約10倍以上もの体内吸収率があるといわれています。
そして、体内に蓄積されていきます。

そして、歯磨き剤に使用される多くの化学薬品はアレルギーやガン(癌)、糖尿病、不妊症、高血圧、皮膚炎、などの要因の一つとされています。


また、世界的にもラウリル硫酸ナトリウムを禁止している国が非常に多いのも事実です。

ドイツでは、ラウリル硫酸ナトリウムは、人体に有害なので使用禁止になっています。

アメリカでもラウリル硫酸ナトリウムは6歳以下の子供用品への使用を禁止しています。


転載終了


よく他の国で禁止されている化学物質を日本で認可していますよね

ラウリル硫酸ナトリウムはものすごく小さいため、口腔から吸収しやすいそうです。他の国で禁止になっているものを、毎日2回も3回も口に入れているんですよ皆さん

フッ素の毒はだいぶ知れ渡ってきたと思いますが、ラウリル硫酸ナトリウムの毒も多くの人が知る必要がありそうですね


病気にならない人は知っている



カスタマーレビューより

食品にも人間の治癒力を低下させるものが多い。50年前の5分の1の栄養素しかない農作物、栄養素を破壊する食品添加物、etc.。大量生産、大量消費のために、食材は本来の価値を失い、お腹を満たす、満腹感を満たすだけのものになりつつある。

posted by ARISUTAMA at 12:17| Comment(0) | 危険な商品 2

2015年04月20日

フッ素を推奨する悪のTV


フッ素毒.gif


4月5日放送の「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」(テレビ朝日)でフッ素は良いものだから、歯磨きのあとはうがいは少なくと放送したようです。


■歯磨きをしたあと、何度も口をゆすいではいけない!?


多くの歯磨き剤には、フッ素がふくまれています。フッ素は歯のエナメル質を強くし、再石灰化を促進する効果があるといわれています。

歯磨きをした後、すぐにガラガラとうがいをすると、口のなかに残ったフッ素を洗い流してしまうことになり、もったいないのです。

クラジ歯科医院の倉治ななえ院長によると、「10ミリリットルの水で20秒間のうがいを1回したら、それで終了」で良いのだそう。また、その後30分くらいは飲食をしないと効果が長もちするそうです。

ちなみに15歳以上は、フッ素入り歯磨剤の量は、約2センチが適量とのこと。


転載終了


フッ素が毒であることは、読者の皆様はもう理解していると思いますが、TVではこんな馬鹿げた内容を平気で放送して、庶民を洗脳しているんです。

同じ歯医者でも、フッ素は危険と言っている歯科医院もあります。


フッ素の危険性 - フレンズ歯科クリニック


フレンズ歯科クリニックは、危険だからフッ素を使用しないと言ってますね

アメーバブログでも危険を訴えています。


歯医者が虫歯を作ってる



カスタマーレビューより

まず、冒頭で歯にまつわる常識をことごとく否定する。歯磨きは虫歯を予防できないこと、フッ素は虫歯を予防できないこと、マウスウォッシュ剤は効果がなく、毒でしかないこと、虫歯菌が虫歯の原因ではないことなど。

中でも、フッ素塗布には虫歯予防効果があることは確認されておらず、危険な毒物であるフッ素の塗布はすべきでない、という指摘は多くの人に知ってもらいたいものだ。


転載終了


皆様、フッ素は毒ですので、悪のTVに騙されてはいけません。TVばかり見ている人は、TVの情報がすべて正しいと思っています。TVに惑わされてはいけません。

毒だらけの世の中ということを理解しましょう。


フッ素は毒フライパンも毒


posted by ARISUTAMA at 13:32| Comment(0) | 危険な商品 2