コメントが入らないようにされている可能性があります。 私はコメントは拒否していませんし、承認制にもしていません。コメントすれば、すぐ掲載されるようになっています。 コメントが出来ない場合アメブロの玉の思いの方にコメントしてみてください。下記です。メッセージもできます。

https://ameblo.jp/arisutama7/entry-12304585702.html よろしお願いします。


2017年08月21日

デフレになるのは当たり前

政府は物価上昇率2%でデフレからの脱却と、もう何年も前から騒いでいますが、今だこの日本はデフレのままで景気が良くなったという実感はありません。

イオンの岡田社長は「脱デフレは大いなるイリュージョン」といったそうですが、そのイオンこそがデフレの元凶を作っているのでは、と思わせる記事がありました。

最近拡散されている記事なので、ご存知の人も多いと思います。

偽装豆腐.jpg

偽装とうふに注意!イオングループのスーパーで、最近やたらと出回っています

最近のお豆腐には
消費者を騙して安く手に入れられるように
「油を混入している商品」が多く出回ってきています。
要注意です。

例えば、オーガニックミニ豆腐が98円。 安っ!


あるオーガニック大豆で作った豆腐は
150gが3丁入って98円・・・
店頭では飛ぶように売れてました。

最近、この手の「オーガニック」をうたった
悪質な商品が増えてきている。
さっそく原材料をチェック。

<150gが3丁入って98円の豆腐の原材料>
有機大豆(中国)
パーム油、凝固剤(粗製海水塩化マグネシウム にがり)
塩化マグネシウム(にがり)
消泡剤(レシチン:大豆由来、炭酸マグネシウム)

中国産のオーガニック。
しかもこの油・・・
この価格で売り出している以上、
どう考えても一番搾りの油は
使っていないと容易に想像できます。

つまり、ヘキサンという劇薬で
処理しなければいけない油。

ご存知、トランス脂肪酸の油を
使っているということです。
消泡剤を使用するという工程も
踏んでいる、だからこその、この価格。

おかしな話です。
安くするために大豆の絞りカスを使い、
油を補充。時短のために消泡剤を使う。

人の手間暇を極限まで省くための工程。
ここに愛情は感じない。

転載終了

私は、イオンにも行きますし、豆腐も買ったことはありますが、豆腐に油を入れているとは、びっくりですよ!

油を入れることによって大豆の原料を少なくする。原料が少なければ当然に安くできる。

多くのお客さんは、イオンで売られているものは全て安心だと思っているので、原材料など気にせず、どんどん買っていくのでしょう

安ければ売れる。だからどんな手を使ってでも安い商品を作ろうとするわけです。

油もまともならまだしも、最悪の油を入れているようですね!


政府は、このような偽装豆腐を作らせることを許可しているわけです。
トランス脂肪酸などは海外では規制の対象になっているのです。
しかし日本は規制もせず、国民に安い体によくない商品を食べさせているのです。


偽装デフレ商品を作らせておいて、デフレからの脱却だなどと言っているのだから、今の政府は何を考えているのかと言いたいですね

デフレになるのは当たり前ですよ

偽装豆腐2.jpg

<98円で「国産大豆」をウリにしているTOPVALUブランドの豆腐の原材料>
大豆(国産)
凝固剤(塩化マグネシウム)
グリセリン脂肪酸エステル
炭酸カルシウム
レシチン(大豆由来)
炭酸マグネシウム
シリコーン樹脂


上記の画像もイオンの豆腐ですが、こちらも多くの添加物が加えられていますね、添加物が多いほど安く作れるみたいですね

最近、私は何を買うにも原材料をチェックしますが、原材料が少ないほど値段が高いです。

無添加になると同じような商品でも倍ぐらいの価格になります。体に良いものと思うと、どうしても高いお金を出さないと買えないわけです。

だから、添加物を規制するだけで物価は上昇するのです。

海外では規制されている添加物を平気で日本で使用されているという現実は、多くの読者が理解すべき問題だと思います。

今や2人に1人は癌になると言われています。その原因に大量の添加物と考えてもおかしくはありません。

インフレにするには、給料を上げるしかないのです。製造業の派遣で働いている人たちは時給800円から900円です。月給手取りで15万円いかないんですよ

上記のような豆腐を食べるしかないんですよ

これでどうして景気がよくなるのでしょうか

デフレになるのは当たり前です。








豆腐カッター


タグ:デフレ 偽装
posted by ARISUTAMA at 14:50| Comment(0) | 危険な食べ物 2

2015年03月30日

ケムトレイルにも対応するモンサントの遺伝子組み換え


モンサント.jpg


ケムトレイルはアルミを撒いていると昨日記事に書きましたが、世界中でケムトレイルを撒いて、作物を枯れさす。または育ちを悪くさせる。気象操作して日照時間を短くする。などで作物、植物が出来にくい環境にしようとしているようです。

人口削減計画には作物・植物にダメージを与えるのが、効果的なのだろう

そういう環境にしておいて、そんな環境でも対応ができる遺伝子組み換え種子を売りまくろうというモンサント

モンサントは、ケムトレイルで撒いたアルミにも対応する遺伝子組み換え種子を作っている。


ケムトレイルは有機農産物を殺し、モンサント社の遺伝子組み換え種子は栄える


害虫や雑草に対応した遺伝子組み換えは知られていましたが、アルミにまで対応する遺伝子組み換えをすでに作っているというのだから驚きます。

ケムトレイルのアルミで、土壌、水源、天候が汚染されれば、今までの作物は育たないでしょう。そうなると我々はアルミ耐性遺伝子組み換え作物を食べるしかなくなります。

そんなもの食べたくないですよね

そんなもの食べたら絶対に病気になるでしょう。

まあそれが支配層の人口削減計画ですから


「ケムトレイルの謎」が判明しつつある?:モンサントのアルミ耐性遺伝子作物の怪!?


TPPの何よりも恐ろしいところは、TPPではない。その後に来る2の矢、3の矢、4の矢、5の矢である。

2の矢は狂牛病牛であり、3の矢は遺伝子改変のモンサント農産物である。

どちらも人間をお陀仏にするものである。

4の矢は医療であり、有料保険からアジュバント入りワクチンの義務化。これも生殖をお陀仏にする。

そして、5の矢は、最終的にはマイクロチップの首根っこへの埋め込みの義務化である。

まあ、こういう道への誘導装置がTPPであろう。

これらはすべてかつてジョン・コールマン博士が「人類牧場化計画」ないしは「人類家畜化計画」と呼んで警鐘を鳴らしたものである。


モンサントの遺伝子改変「アルミ耐性作物」の話が正しいとすると、NWOの連中が、世界中の空にアルミやバリウムを撒き続けると、それが地表に降り注ぎ、作物が枯れる。

その一方で、太陽光線が遮られて薄暗くなり、作物や植物が生えにくくなる。

すると、結果的に、食料危機に陥り、人類は生存競争の時代になる。それが戦争を引き起こすかもしれないし、食糧難で多くの人が死に絶える。

モンサントのアルミ耐性作物を買わされるが、買えない人々は死ぬ他はない。

こうして、世界人口の大量虐殺が行われて、イルミナティー=アングロサクソン人はめでたしめでたしと拍手喝采するという、ストーリーである


転載終了


ケムトレイルについては、このように大変大きな問題があります。多くの人が関心を持たないと、とんでもない世が訪れます。

空を見てください

飛行機雲ではありません。



気象兵器・地震兵器・HAARP・ケムトレイル


モンサント――世界の農業を支配する遺伝子組み換え企業




posted by ARISUTAMA at 13:03| Comment(0) | 危険な食べ物 2

2015年01月24日

一日三食マクドナルドを一ヶ月食べ続けた実験結果


マクドナルド.jpg


ベジタリアンの彼女が作る料理を食べていた健康な男性が、一日三食マクドナルドを一ヶ月食べ続けたら、健康だった体はどうなるのかの実験をした動画がありました。

アメリカでの実験ですが、日本語吹き替えされています。

動画は10回に分けられている長いものですが、連続再生で観るとよいです。

肥満についての社会問題や、マクドナルドの戦略や、一般人へのインタビューなどもあり、面白く為になる動画です。

この動画は、2004年に公開されたアメリカの
ドキュメンタリー映画「スーパーサイズ・ミー」です。

映画はアメリカで2004年5月7日に公開され、全米興業収益のトップ10に2週間載るなど、ドキュメンタリー映画としては大変な成功を収めた、またアカデミー賞の優秀ドキュメンタリー映画部門にもノミネートされた。


マックだけを食べ続けると 1/10

マックだけを食べ続けると 2/10

マックだけを食べ続けると 3/10

マックだけを食べ続けると 4/10

マックだけを食べ続けると 5/10

マックだけを食べ続けると 6/10

マックだけを食べ続けると 7/10

マックだけを食べ続けると 8/10

マックだけを食べ続けると 9/10

マックだけを食べ続けると 10/10


この動画では学校の給食も撮影されていますが、酷い状態だったのですね!現在はどうのようになっているのでしょうか?今も昔と同じではかわいそうです。

その反面、問題児の学校が、自然食豊かな給食を出したことで、問題児ではなくなり普通の子供に変わった。これはすごい!!


もっとも肥満の多い人たちが住んでいるところが、テキサス州ヒューストンだというのだから納得する。テキサス州は、元大統領の悪党ブッシュの地元である。


とんでもない異物混入

マクドナルドのハンバーガーとポテトは腐らない

続・マクドナルドのハンバーガーは腐らない


マクドナルド 失敗の本質: 賞味期限切れのビジネスモデル



posted by ARISUTAMA at 15:24| Comment(0) | 危険な食べ物 2