コメントが入らないようにされている可能性があります。 私はコメントは拒否していませんし、承認制にもしていません。コメントすれば、すぐ掲載されるようになっています。 コメントが出来ない場合アメブロの玉の思いの方にコメントしてみてください。下記です。メッセージもできます。

https://ameblo.jp/arisutama7/entry-12304585702.html よろしお願いします。


2015年05月24日

電磁波攻撃で操られる人間


うつ.jpg


萩原流行さんについて世間を賑わしていますが、この事件も不振な点が多そうですね

夫婦でうつ病だったというじゃありませんか

2人一緒に生活していて、2人ともうつ病だったなんて、おかしな話ですね

大体、鬱などというのは、私は病気だと思えないです。攻撃だと思っています。

電磁波攻撃で、マイクロ波などを家に放射されると、その家に住む住人全員が影響を受ける。

攻撃で耳鳴りが酷いという人の家では、その人以外の住人も耳鳴りで悩まされることがある。

うつ病も同じで、攻撃によって作られその影響を同居人も受けることになる。


電磁波攻撃で復讐


↑のとんでもないブログがあり、電磁波放射器の販売までしている。

気に入らない人がいたら、この機器で攻撃してください。というブログであるが、ただ書いてあることは現実的である。


複数居住しているマンションなどでもターゲットの部屋だけ集中して攻撃ができますが家族がいた場合は特定することは理論的には可能ですが、実際は難しく家族全員が被害に遭うことになります。とのことです。

萩原流行夫婦にも当てはめることができますね


恐るべき電磁波攻撃の真実


設置式電磁波放射機

最近は「安全カメラ」などという名目で…
監視カメラや防犯カメラの中に電磁波放射器を設置します。
これは発見されません。


外見が「カメラ」だし電波や電磁波攻撃ができるわけないと思います。
それを電波を飛ばせる装置にします。
携帯電話程度の小型の機器を内蔵することによっていくらでも電波をターゲットに当てることが可能です。

それは「とても小型」であり…
煙探知機・防犯カメラの中に取り付けます。
この中に電波を飛ばす装置を内蔵されています。

部屋や住まいに仕込む…
単なる煙探知機であるはずなのにその近くに行くと「電波を感じる!」ことになります。
電磁波攻撃機はなかなか発見するのは難しいとこに設置してあります。

家庭でも火災警報装置の設置を義務化しています。
ターゲットを家庭でも襲えるように工作することは可能です。!
点検と称して設置すればいいからです。



新開発 小型電磁波レーザー銃

外からの攻撃が可能になりました。
従来は固定でしたが、自在に周波数を変えることが出来ます。

電磁波を人の頭に「あてる」と即座に気絶する威力です。
そのくらい ものすごい威力なのが電磁波レーザー銃です。
ターゲットまでの距離が5.6メートル範囲が射程になります。
周波数を上げればこの距離でターゲットを気絶させることが可能です。

自動車の運転中に すれ違いざまにターゲットの頭に
この電磁波を当てることで事故を起こせることになります。
…というのが近年の「気を失う」という交通事故の原因です。


痛みはなく一瞬で気絶します。

実際に事故は起こっています。
近距離から電磁波を頭に受けると、たいていの人は一瞬で気絶します。
それを繰り返すことで精神的に不安定になり「テンカン」のようになります。

つまり…
会社の内部内でも電波を「相手の頭に当てれば」その人は意識を無くします。
手を洗う場所や机に座っていても同じです。
効果は、数回当てるだけで 「幻覚、幻聴」 に悩まされるようになります。

電磁波を弱く設定しても
1回で気分が悪くなり吐きそうになったり立ち眩みになります。

数回(5回〜7回)当てると幻聴が聞こえるようになり精神的にターゲットを消耗させられます。
それは家に帰っても執拗に幻聴が聞こえ睡眠不足になります。

この幻聴や幻覚のせいで鬱病とか統合失調症になります。


睡眠不足になったターゲットは1週間で発病します。


とにかくターゲットの頭を狙って発射するだけで相手を精神病にすることが出来ます。
これは周囲に電波発信機がなくても自分で打つことができます。
一般の人は電波を感じられないので回避は不可能です。

自動車を運転中なら事故を起こします。
ターゲットの頭部を移動しながら撃つと一瞬意識が無くなるからです。
ターゲットと1日数回接するだけです。

電磁波…というのは強いので
この電磁波攻撃は強いのでテレビの画像がゆがんだりします。
そのくらいの威力があります。

「電磁波レーダー&電磁波レーザーのセット工作兵器」は、「持ち運び可能で、小型化されています。

手持ちバックに仕込んだりして、ターゲットを狙うことができます」。
バッテリーは乾電池です。

「小型電磁波レーザー銃」は持ち運びができて携帯電話程度の大きさです。

「心臓や脳を何回も狙い撃ちすると、精神傷害を引き起こせる」威力があります。


転載終了


恐ろしいですよね

でもこれ真実なんですよ。攻撃されている本人が言っているのですから

小型化されたため、外でも簡単に攻撃されます。私は電車の中でも攻撃を受けました。

工作員が鞄に小型電磁波放射機を入れて、私と同じ車両に乗り込んだのでしょう。

防犯カメラに仕込むと書かれていますが、駅の防犯カメラはかなり怪しいですね

よく気絶する人、電車に飛び込んじゃう人いますよね

うつ病にさせられ、駅のホームに立つ、カメラから電磁波放射され飛び込むなんてことも、充分考えられます。

うつ病にさせられて、一番してはいけないことは、薬を飲むことです。

薬を飲むことで悪化してしまうのです。薬の副作用で体も心もボロボロになるのです。

だから、うつ病を患っている皆様は、うつ病は攻撃であると理解すると、うつ病は治るかも知れません。


電子洗脳 あなたの脳も攻撃されている
posted by ARISUTAMA at 12:52| Comment(0) | 犯罪 2

2015年05月23日

秋葉原通り魔事件は捏造だったのか


いや〜驚きました。秋葉原通り魔事件は正真正銘の大事件だとばかり思っていましたが、どうもそうではなく、おかしな点が多々あるようですね!!

秋葉原通り魔事件.jpg

↑の画像は、加藤智大が捕まる直前の画像ですが、後ろの方にいる道路を歩いている人達て、どうして無関心なんですか?

こんな大捕り物があったら、警官だって大声を出して威嚇したり説得したりするでしょう。相手はナイフを持っているのですから、そしたら周りの人たちは全員振り向く筈ですよ。どう見てもおかしいですね

この画像は加工されたものと言っています。ようは加工してTVが放送したと言われています。

それから、加藤智大は何人も人を刺したのに、服には一つも返り血が付いていないそうです。

↓ナイフも小さすぎるということで、こんなナイフでは胸を貫通させることは無理とのことです。

加藤智大.jpg


秋葉原通り魔事件の裏側


本当に全ての犯行を加藤本人が一人で行ったのでしょうか?

私は違うと思います。

わずか3分という時間に17人もの人を殺傷できるでしょうか?

しかも犠牲者の一人は胸部貫通が死因です?


刃渡りたった13センチ程度のナイフで、
大人の胸部を貫通できるでしょうか?

おかしな点は、他にもまだ沢山あります。

犯人は次々と多くの人をナイフで刺したと伝えられていますが、
加藤本人は返り血を全くと言っていいほど浴びてなかったのです。

彼は白い服装だったので返り血を浴びてたら目立つはずですが、
全く血の付着が見当たりません。


被害者の出血.jpg

被害者の出血は大量なのに犯人の服や手、凶器のナイフにすら血が付着していないのは実に不自然です?

それもそのはず。
犯人は「加藤智大」ではないのですから。

実はこの事件では、もう一人の加藤が存在すると言われています。

つまり真犯人は逮捕された加藤智大ではなく、
もう一人の別の男だったのです。

加藤は真犯人の替え玉として使われた可能性が非常に高いのです。

となると、加藤は極刑という重い判決を受けましたが、
実際は冤罪だということなのです。

この事件は複数の人間による国家ぐるみの
計画的犯行によるものだと考えられます。

もう一人の加藤、つまり真犯人は、
小太りで団子鼻の男だったといわれているのです。


転載終了


仕立てあげられる犯人。君野さんは冤罪だ!


目撃者のブログにでてくる発砲音と小太りの男
事件発生直後の情報では「犯人は馬乗りになって返り血を浴びながら刺していた」「2回の銃声がした、ピストルをもっているぞ、逃げろ」などというものが出ていたが、いつの間にかなくなっている。

また目撃情報の中には、同じく「犯人が小太りで車を降りたあと何度も刺し、かなり返り血を浴びていた」というものもあった。

この事件にはカルトによる保険金殺人や利権が絡んでいる可能性もある。


転載終了


いろいろな説があるようです。加藤智大は嵌められたとか、加藤智大と警察との間で、何らかの裏取引があったなど

加藤智大は嵌められたとしたら、加藤智大は事件に誘導されたということ、操られたということです。悪魔(支配層)は人間を操ると20日の日に記事にしましたが、まさにこれが操られた事件ということになります。

加藤智大と警察との間で、何らかの裏取引があったというなら、それは後藤健二、人質事件と同じだということになりますね

どちらにせよ、この秋葉原通り魔事件も作られた事件ということになります。


世界ミステリー事件ファイル すべては捏造だった! (別冊宝島) (別冊宝島 1728 ノンフィクション)
タグ:冤罪 捏造
posted by ARISUTAMA at 12:14| Comment(2) | 犯罪 2

2015年03月02日

整形して結婚しても子供ができれば悲惨


Jian-Feng-Family.jpg

この画像、夫婦と子供達ですが、奥さんは美人ですね!、旦那さんもハンサムですよね!、あら子供達は夫婦に全然似てない別人のような顔ですね!


この男性、中国人で(ジャン・フェン)という方のようで、子供達があまりにも自分たちに似ていないので、奥さんを訴えたそうです。整形を隠して結婚したそうです。


整形妻を訴えた中国人


中国人男性(ジャン・フェン)は、生まれてきた自分の子供たちの顔があまりにも醜いため、美人妻が整形していたことを知り妻を訴え、実際に勝訴しました。子供たちは妻の整形前の顔に似ています。

整形手術で外見を変えることはできますが、DNAまで変えることはできません。新しい鼻を付けてもDNAは元の鼻の形を記憶しています。


転載終了


本当に整形は別人にし、美しい人にしてしまいますが、整形を黙って結婚するというのは、これはもう詐欺ですよね犯罪ですよ

美しくなりたいのはわかりますが、整形を知らせないというのは詐欺行為ですので、きちんと付き合う人結婚する人には真実を告げるべきです。どうせ後からお互いが傷つくことになるのですから

今の芸能界は整形だらけでしょう。韓国などは酷いものです。

YouTubeには幾らでも整形動画がでています。この人も整形だったのかと驚きます。





私は、百田尚樹氏の小説「モンスター」を読みました。この小説、面白かったですよ。

映画にもなりましたよね

田舎町で瀟洒なレストランを経営する絶世の美女・未帆。彼女の顔はかつて畸形的なまでに醜かった。周囲からバケモノ扱いされる悲惨な日々。思い悩んだ末にある事件を起こし、町を追われた 未帆は、整形手術に目覚め、莫大な金額をかけ完璧な美人に変身を遂げる。そのとき亡霊のように甦ってきたのは、ひとりの男への、狂おしいまでの情念だった−−。


モンスター (幻冬舎文庫)




タグ:詐欺
posted by ARISUTAMA at 10:56| Comment(0) | 犯罪 2