2014年10月16日

宇宙人はなぜ我々の前に現れないのか


宇宙人には、善の宇宙人と悪の宇宙人がいます

善は、プレアデス星人、シリウス星人などです

悪は、爬虫類人(レプタリアン)です

レプタリアンは人間に成りすまし、この地球を支配し、悪の限りを尽くしています

なので悪の宇宙人は、我々の前にはいるわけです

ですが、善の宇宙人は我々の前には姿を現しません。一部の人たちの前には現れているようですが、普通の一般人は宇宙人と遭遇したことはありません。

なぜ宇宙人やUFOは大衆の前に堂々と現れないのでしょうか

善の宇宙人なら堂々と私たちの前に来てくれればよいと思うのですが、なかなか公には現れません

なぜ公には現れないと思いますか

それは私たちが受け入れようとしないからです

これを読んでいる読者のあなた

あなたを宇宙人に置き換えて考えてみてください

100人いるあるグループがあったとします。あなたはそのグループに入りたいと思っています。なぜ入りたいのか、それはあなたが入ることによって、そのグループのレベルを上げることが出来るので、ぜひ仲間として入ってそのグループのレベルを上げる手伝いをしたいと考えています。

しかし、そのグループはあなたのことを、恐ろしい人だ、もしかしたら殺されるかわからないといつも思っています。100人全員が思っています。

そしてあなたは100人全員がそのように思っていることを知っています。

それでもあなたは100人の前に行き私を仲間にしてください、このグループに入れてくださいと言えますか?


もし100人の内70人から80人の人が、あなたはいい人だ、我々のレベルを上げてくれる先生のような人だ、早く私たちのグループに来てくれないかなと思っていたら、あなたはそのグループの前に行き私を仲間にしてくださいというのではないでしょうか


この例えと同じなんです


我々が受け入れなければ、善なるUFO・宇宙人は公には現れないということです


世界中の多くの人たちは、宇宙人を恐れているはずです。それはそのように悪のマスコミが作ってきたからです。もし自分の目の前に突然宇宙人が現れたら、ほとんどの人が逃げるのではないのでしょうか


善なるUFO・宇宙人というのは、この悪に支配された世の中を変えてくれるのです

そして早く変えたいその準備は出来ている

後はあなたがた人類の意識の持ちようですと言っています。


この世界、悪の世を変えたいと思う人が、爆発的に多くなることを願っております。


パラダイムシフト


人生は修行であるそろそろ修行も終わりにしよう


プレアデス覚醒への道―光と癒しのワークブック




プレアデス銀河の夜明け





posted by ARISUTAMA at 16:11| Comment(0) | 宇宙人・UFO

2014年10月02日

アカシックレコードで真実

アカシックレコードは以前から言葉だけは知っていたが、詳しくどのようなものか知らなかったので、調べてみた


アカシックレコードとは

宇宙や人類の過去から未来までの歴史全てが、データバンク的に記されているという一種の記録をさす概念。

多くの場合、宇宙空間それ自体にその(一種の)記録がなされると考えられている。

とのことです


簡単に言えば全てのことは記録されているということ


全ての人、全ての魂の過去の行い、言動、思考、想念など全てが記録されている

私だけは記録されていないということはなく、全てである


そしてそのアカシックレコードは消えることもない

よって誰でもが、そのアカシックレコードを見ることが出来る

四次元の世界では、誰でもが見れるようですが、この三次元の世界では多くの人が見ることが出来ない

しかし一部の人たちは、アカシックレコードを見ることができるようだ


それがアカシックレコードリーディングというものらしい

調べているとアカシックレコードリーディングを職業にしている人も結構いるようです。


私はアカシックレコードという言葉の意味は知らなかったが、全てのことは記録されると言うことは知っていた。

この記録されるということを知っているのと知らないのでは、事においての捉え方が違ってくると思う


私は集団ストーカーの被害者であるが、集団ストーカーというのは加害者を特定できない、集団でそれも大勢が関わっているので、ストーカーはこの人ですと断言できない


その特定できないことをいいことに、加害者組織はやりたい放題である


集団ストーカーの被害に遭うと、何年も苦しめられ自殺する人もいる


自殺するかしないかは、この世の仕組みを理解しているのか、いないのかの違いによると思う

この世は四次元もあるし、それこそ12次元もあるし、宇宙人もいるし、UFOもある


そしてなにより全てのことは記録されるアカシックレコードがあるということ

このアカシックレコードにアクセスすれば、加害者は誰なのかはすぐわかる


アカシックレコードにアクセスできる人も存在するということ


今アクセスできな人でも、いずれアクセスできるようになること

そして四次元の世界に行くことも可能になると思われること


四次元の世界では、全てがわかってしまうので、嘘、騙しは通用しないということ


このようなことを理解していれば、少しは前向きに生きられるのではないかと思う


ばかげていると思えばそれまでだが


しかし時代の流れが変わってきていることだけは間違いなさそうだ


アカシックレコードで面白いことを発見したので、明日にでも記事にする

人類アカシャ全史―アカシックレコードから読み解く人類の起源と歴史、そして驚愕の近未来





アカシックレコードが明かす人類創生の謎と驚愕の未来




posted by ARISUTAMA at 14:42| Comment(0) | 宇宙人・UFO

2014年09月09日

宇宙人シャクティーの記事がすごく面白い


森田健さんが管理している、不思議研究所ドットコムというタイトルのサイトがある

この中で、宇宙人シャクティーレポートというタイトルの記事があり、それを読んでみたらものすごく面白かった!


このレポートは宇宙人に遭遇したサカさんという人が出したレポート「シャクティタイムス」、「弁才神示」を元に、さらに彼への直接インタビュー、シャクティに遭遇した3人の女性へのインタビューを情報源として構成している。という記事です。

サカさんがUFOに乗って月まで行ったことや、宇宙人シャクティとの会話、また宇宙人シャクティとデイトしたときの様子などなどが掲載されている。


宇宙人シャクティとの会話では、「第二の太陽出現」、「シャクティの科学メッセージ」、「日本人の起源」などが語られている。

どの会話も非常に面白いのだが、その中で、シャクティがサカさんに2つ問題をだしました。

一つはある人が、今日は何もやることがなく、とてもヒマで退屈だが、明日は友達とお茶を飲み、夜はディスコに行ったりと、とても楽しい一日になりそうだと思ったとします。

一方ある人は、家で瞑想したり好きな本を読んだりと、今日一日はとても充実したが、明日は、つき合いでしかたなく友達とお茶を飲んだり、夜はディスコに行かなければならないと思います。
 
さて前者と後者とではどちらが真理に沿った生き方でしょう? 

それともどちらも真理ではないのでしょうか? 

もし、どちらか一方のほうが少しはましだと思うのなら、それはどちらでしょう。

あなたはどちらのタイプに属しますか? 

それともどちらのタイプにも属しませんか? 

よく考えてみてください。


二つめが、Aさんは夢や希望を実現するために毎日を死にものぐるいで努力して10年後にしてやっとその栄光を得ることができました。

Bさんも夢や希望があり、常に努力しようと思いながらも、それがおっくうで、いつもその場その場の遊びや自分の好きな事に身をゆだねてしまい、生涯、頭の中は成功のことでいっぱいで、それを求めていたにもかかわらず、成功する事なく、一生を終えてしまいました。

Cさんは夢も希望もないので、何も努力することなく、夢や希望が元々ないので、それが叶わないことも失敗するということもなく一生を楽しく遊んで終わりました。

さてこの3人の生き方のうちどれが真理なのでしょうか?


という問題です。

私は二つめは正解が出せましたが、一つ目は出せませんでした。

答えは宇宙人シャクティーレポートの一番下に掲載されていますが、それを見る前にじっくりこの問題を考えてから、答えを見てください。


「第二の太陽出現」の中で、シャクティは「多くの人々が地球から姿を消すでしょう。そして彼らは地球がまだ原始時代だった頃のような惑星に再び生まれ変わり、最初からやり直さなければなりません」

と掲載されています。

人類滅亡です!

そんなばかなと思いたいところですが、「奇跡のりんご」の木村秋則さんもUFOに乗っています。

そして宇宙人から人類滅亡のことも聞かされています。

いつ人類滅亡するのかは、絶対にこのことは喋ってはいけないと言われ、木村秋則さんは未だに誰にも言っていないそうです。

ただそう遠くはないと言っています。

しかし驚くのは、二人が同じようなことを言っているということです。


それから私は他のUFO記事で、宇宙人は善人であると掲載しましたが、この宇宙人シャクティーレポートでも、シャクティは善人と掲載されています。

また女性の証言では、外見は魅力的な女性であるが、内面は母親のようでもあったと証言しています。


この宇宙人シャクティとの出会いは、1989年です。

バブル景気最後の年です。

ディスコ全盛期の時代です。


そして、その当時のビートたけしの番組でも、森田健さんは出演し、宇宙人シャクティーレポートを話しています。


ビートたけしさんも面白いもっと聞きたいと言ったそうです。






posted by ARISUTAMA at 17:31| Comment(0) | 宇宙人・UFO