2014年10月16日

宇宙人はなぜ我々の前に現れないのか


宇宙人には、善の宇宙人と悪の宇宙人がいます

善は、プレアデス星人、シリウス星人などです

悪は、爬虫類人(レプタリアン)です

レプタリアンは人間に成りすまし、この地球を支配し、悪の限りを尽くしています

なので悪の宇宙人は、我々の前にはいるわけです

ですが、善の宇宙人は我々の前には姿を現しません。一部の人たちの前には現れているようですが、普通の一般人は宇宙人と遭遇したことはありません。

なぜ宇宙人やUFOは大衆の前に堂々と現れないのでしょうか

善の宇宙人なら堂々と私たちの前に来てくれればよいと思うのですが、なかなか公には現れません

なぜ公には現れないと思いますか

それは私たちが受け入れようとしないからです

これを読んでいる読者のあなた

あなたを宇宙人に置き換えて考えてみてください

100人いるあるグループがあったとします。あなたはそのグループに入りたいと思っています。なぜ入りたいのか、それはあなたが入ることによって、そのグループのレベルを上げることが出来るので、ぜひ仲間として入ってそのグループのレベルを上げる手伝いをしたいと考えています。

しかし、そのグループはあなたのことを、恐ろしい人だ、もしかしたら殺されるかわからないといつも思っています。100人全員が思っています。

そしてあなたは100人全員がそのように思っていることを知っています。

それでもあなたは100人の前に行き私を仲間にしてください、このグループに入れてくださいと言えますか?


もし100人の内70人から80人の人が、あなたはいい人だ、我々のレベルを上げてくれる先生のような人だ、早く私たちのグループに来てくれないかなと思っていたら、あなたはそのグループの前に行き私を仲間にしてくださいというのではないでしょうか


この例えと同じなんです


我々が受け入れなければ、善なるUFO・宇宙人は公には現れないということです


世界中の多くの人たちは、宇宙人を恐れているはずです。それはそのように悪のマスコミが作ってきたからです。もし自分の目の前に突然宇宙人が現れたら、ほとんどの人が逃げるのではないのでしょうか


善なるUFO・宇宙人というのは、この悪に支配された世の中を変えてくれるのです

そして早く変えたいその準備は出来ている

後はあなたがた人類の意識の持ちようですと言っています。


この世界、悪の世を変えたいと思う人が、爆発的に多くなることを願っております。


パラダイムシフト


人生は修行であるそろそろ修行も終わりにしよう


プレアデス覚醒への道―光と癒しのワークブック




プレアデス銀河の夜明け





posted by ARISUTAMA at 16:11| Comment(0) | 宇宙人・UFO

2014年10月04日

竹内文書がわかる動画

竹内文書とは世界最古の歴史書

(たけうちぶんしょ)と読んでしまいますが、(たけのうちもんじょ)だそうです。

この竹内文書を非常にわかりやすく説明している動画を最近発見しました。

その内容があまりにもすごいので、びっくりしました。

しかしこの竹内文書は、一般の研究家らからは偽書と言われています。

ようはこんなものは偽物で、まともに読むものではないと言っているのでしょう。

UFOや宇宙人などいやしない、霊や魂などというものは存在しないと言っているのと同じです。

今の歴史や今の科学だけが正しいと思わせたいのでしょう

しかし、もう昔とは違う時代に突入しているわけで、高次元へアクセスできる人、アカシックレコードにアクセスできる人が出てきていますから、もう嘘はつけない時代に変わってきています。

どうも2012年の冬至を境に変わったようです。


竹内文書の内容

地球創造

白人、黒人などの人種を創り、日本から世界に散らばって行った

日本にスメラミコト(天皇)が降り立ち世界を治めた

日本は世界の雛形であり縮図である

スメラミコトよって世界は非常に豊かな時代があった

ピラミッドのルーツは日本である

天変地異

モーゼ、釈迦、イエスなどが現れる

モーゼ、イエスのお墓は日本にある

などです


動画をご覧ください



未来を開く古代の扉〜竹内文書の世界〜 2/7 竹内文書

未来を開く古代の扉〜竹内文書の世界〜 3/7 天神時代

未来を開く古代の扉〜竹内文書の世界〜 4/7 皇統時代

未来を開く古代の扉〜竹内文書の世界〜 5/7 太古の社会制度

未来を開く古代の扉〜竹内文書の世界〜 6/7 竹内文書と世界の謎

未来を開く古代の扉〜竹内文書の世界〜 7/7 不合朝〜神倭朝


超図解 竹内文書〈2〉天翔ける世界天皇(スメラミコト) 甦るミロク維新とは何か (超知ライブラリー)





posted by ARISUTAMA at 15:41| Comment(0) | 宇宙人・UFO

2014年10月02日

アカシックレコードで真実

アカシックレコードは以前から言葉だけは知っていたが、詳しくどのようなものか知らなかったので、調べてみた


アカシックレコードとは

宇宙や人類の過去から未来までの歴史全てが、データバンク的に記されているという一種の記録をさす概念。

多くの場合、宇宙空間それ自体にその(一種の)記録がなされると考えられている。

とのことです


簡単に言えば全てのことは記録されているということ


全ての人、全ての魂の過去の行い、言動、思考、想念など全てが記録されている

私だけは記録されていないということはなく、全てである


そしてそのアカシックレコードは消えることもない

よって誰でもが、そのアカシックレコードを見ることが出来る

四次元の世界では、誰でもが見れるようですが、この三次元の世界では多くの人が見ることが出来ない

しかし一部の人たちは、アカシックレコードを見ることができるようだ


それがアカシックレコードリーディングというものらしい

調べているとアカシックレコードリーディングを職業にしている人も結構いるようです。


私はアカシックレコードという言葉の意味は知らなかったが、全てのことは記録されると言うことは知っていた。

この記録されるということを知っているのと知らないのでは、事においての捉え方が違ってくると思う


私は集団ストーカーの被害者であるが、集団ストーカーというのは加害者を特定できない、集団でそれも大勢が関わっているので、ストーカーはこの人ですと断言できない


その特定できないことをいいことに、加害者組織はやりたい放題である


集団ストーカーの被害に遭うと、何年も苦しめられ自殺する人もいる


自殺するかしないかは、この世の仕組みを理解しているのか、いないのかの違いによると思う

この世は四次元もあるし、それこそ12次元もあるし、宇宙人もいるし、UFOもある


そしてなにより全てのことは記録されるアカシックレコードがあるということ

このアカシックレコードにアクセスすれば、加害者は誰なのかはすぐわかる


アカシックレコードにアクセスできる人も存在するということ


今アクセスできな人でも、いずれアクセスできるようになること

そして四次元の世界に行くことも可能になると思われること


四次元の世界では、全てがわかってしまうので、嘘、騙しは通用しないということ


このようなことを理解していれば、少しは前向きに生きられるのではないかと思う


ばかげていると思えばそれまでだが


しかし時代の流れが変わってきていることだけは間違いなさそうだ


アカシックレコードで面白いことを発見したので、明日にでも記事にする

人類アカシャ全史―アカシックレコードから読み解く人類の起源と歴史、そして驚愕の近未来





アカシックレコードが明かす人類創生の謎と驚愕の未来




posted by ARISUTAMA at 14:42| Comment(0) | 宇宙人・UFO