コメントが入らないようにされている可能性があります。 私はコメントは拒否していませんし、承認制にもしていません。コメントすれば、すぐ掲載されるようになっています。 コメントが出来ない場合アメブロの玉の思いの方にコメントしてみてください。下記です。メッセージもできます。

https://ameblo.jp/arisutama7/entry-12304585702.html よろしお願いします。


2014年09月24日

地球が静止する日

地球が静止する日は映画のタイトルである

TVでもすでに公開されているので、ご存知の方も多いと思う

私はこの映画が好きです

録画して何回も観ています


この映画は宇宙人が地球を救うという映画です

地球人を救うのではなく地球を救うのです


前回の北極が黒いの記事でも書きましたが、地球は今疲弊しています。非常に危険な状態になっています。

その結果天変地異、異常気象が激しさをましています。

集中豪雨で何人もの人が亡くなり、台風は大型化し世界中で甚大な被害をもたらしています。

また干ばつも酷く、森林火災も巨大な範囲で森を焼き尽くしています。

30年前と比べたら今の天候は恐ろしいいぐらいに変わってしまった。

日本で巨大な竜巻が起きるなどというのは、30年前では考えられなかったが、今は各地で竜巻が起き、民家を破壊している。


地球を駄目にしているのは人間である。

人間の欲が地球を駄目にしている。


この地球が静止する日の映画は、地球人よ心を入れ替えよと訴えかけている

映画の中で宇宙人が現れ、地球人が変わらないのであれば、地球を救うために地球人類全てを滅ぼすと言い、実行されていき、街から何から全て破壊されなくなっていく、その破壊されていく過程で、人類は・・・


人類を救うのではなく地球を救うというところがこの映画の素晴らしいとこだ


この映画は当然フィクションであるが、近い将来の現実でもあると思う


宇宙人(ディスクローズされている)は存在するし、地球が傾いているとも言っている、地球がおかしくなれば、太陽系にもその影響がでてくる。

次元の高い宇宙人は非常に今、及び将来の地球を心配している。


欲の強い人達は、今自分の欲求が満たされればよいと思っているし、人のこと地球のことなどかまってられないと思っているだろう。

世界中で森林は伐採され、川、海は汚染され、世界中で作る作物は農薬だらけ、土地は薬で汚染され続けている。

人間が薬漬けになったら健康だと思いますか、地球も人間と同じです。地球も薬漬けになれば病気になり具合が悪くなるのです。



地球が静止する日をまだ観ていない方は、一度観てください

そして地球にやさしい行動をしましょう



地球が静止する日 <2枚組特別編>〔初回生産限定〕 [DVD]



posted by ARISUTAMA at 00:00| Comment(0) | 異常気象

2014年09月23日

北極が黒い

下の画像は北極です。

北極は白ですよね、雪や氷で覆われていたら同然白色の画像のはずですが、現在の北極は黒色に染まっているそうです。

なんだか不気味だ


原因はなんなのかというと、今年は北極圏での森林火災が観測史上で最も多いことなどが上げられているが、それだけでこんなに黒くなるのだろうか?

dark-ice-002.jpg

dark-ice-003.jpg

衝撃的な風景 : 現在の北極は「黒い氷」に覆われている


上記ブログより抜粋

地質科学者のジェイソン・ボックス博士は、最近、グリーンランドの調査の旅から戻った。その彼はこのように言った。

「ただ唖然とした」

ボックス博士が唖然としたのは、グリーンランドの氷床の「黒さ」だ。

今年のグリーンランドの氷床の黒さはほんの少しといったものではない。記録的な黒さなのだ。博士が、この夏にグリーンランドで撮影した写真は恐ろしいものだ。

そして、恐ろしいのは実は見た目だけではない。

晴れた日に黒い車の表面のほうが白い車の表面より熱くなるのと同じように、表面が黒いほうが多くの太陽からの熱を受ける。つまり、それだけ早く氷が溶けるということを意味する。

この北極圏で今いったい何が起きているのかを説明するためには、いくつかの可能性を挙げることができる。風と大気に塵などが含まれる夏の吹雪の増加、微生物の活動、今年の北極周辺での森林火災の多さなどがある。

グリーンランドの氷床の暗さは 2014年になり観測されていたが、現在の暗さは、通常より 5.6%暗く、通常の約2倍だ。

また、今年は周辺での森林火災が非常に多く、 2000年からの観測史上で最も森林火災の多い年となっている。

ボックス博士は北極の環境が激変しており、気温が上がることにより、北極で過去1万年の間で見られなかったほど火災の発生件数が増えていることを発見した。

今年だけで、カナダの北東では 330万ヘクタールが消失しており、これは例年の9倍の率だ。これは近現代のカナダの歴史上で最大の規模の火災での消失となってしまう可能性がある。

NASA の科学者ダグラス・モートン( Douglas Morton )氏は、今年初めに、「カナダ西部で起き続けているような巨大な火災は、地球の地質的事象の中でとても重要なものです」と述べている。

そして、火災とは別に、昨年、NASA の科学者たちは、アラスカの永久凍土から「驚異的なレベル」のメタンと二酸化炭素が放出されていることを発見した。

今年初め、ボックス博士は、この報道について、以下のように投稿した。

「北極海底炭素の小さな断片が大気中に放出されたら私たちはおしまいだ」


やはり今の地球はおかしいし危険な状態だと思う、地球も人間と同じように生きている、人間は病気になるが、地球も病気になる、地球を病気にしているのは人間である。


このままの状況を続けていれば、ますます天変地異は激しさを増すであろう

豪雨2014 ~広島土砂災害~ (産経新聞特別速報版)




巨大災害があなたを襲う!―地球からの警告 (Gakken mook―Science issue)




本当に怖い地球の超常現象 (DIA COLLECTION)





posted by ARISUTAMA at 09:59| Comment(0) | 異常気象