コメントが入らないようにされている可能性があります。 私はコメントは拒否していませんし、承認制にもしていません。コメントすれば、すぐ掲載されるようになっています。 コメントが出来ない場合アメブロの玉の思いの方にコメントしてみてください。下記です。メッセージもできます。

https://ameblo.jp/arisutama7/entry-12304585702.html よろしお願いします。


タグクラウド

2018年01月04日

新元号前回の記事の続き

1月3日の読売新聞に新元号についての記事が一面にあった。

一部ネットも掲載されている。

新元号、少ない画数に…1文字15画上限の方針

政府は、皇太子さまの即位に伴う2019年5月1日の改元を巡り、新たな元号は画数ができるだけ少なく、なじみやすい漢字を用いる方針だ。

とのことで一文字十五画を上限にするという

そして、明治(M)大正(T)昭和(S)平成(H)このアルファベットと重ならないようにするとも言っている。

更に、これまでに元号やおくり名として用いられていない漢字とのことだ。

私は、この新元号に創価の字が入るのではと危惧している。

創価はアルファベットが(S)なのでという字が最初に来ることはなくなった。だが二文字目に来る可能性がある。これまでに用いられていない漢字というのが実に嫌な響きである。創があてはまるからだ。

希望を作るで希創などもありえる。希は(K)である。喜を作るで喜創なども(K)だ。なにしろ二文字目に創が入るのではと、この読売新聞の新元号の記事を読んで感じた。

なぜこのようなことを書くかと言えば、東京オリンピックのエンブレムが創価学会のエンブレムにそっくりだからだ。

東京五輪エンブレムの疑惑

やはり東京五輪エンブレム、創価学会エンブレムと酷似!A案ありきの出来レース?税金搾取の癒着構造…

国民的な行事いや世界的な行事であるオリンピックに創価のマークである。これが出てきたということは新元号にも創価が入っても不思議ではないということだ。

この国を牛耳る悪の加害組織は、何を優先にして物事を決めているか、それは集団ストーカー被害者が嫌がること、嫌なものを見せつける。それも頻繁にである。集団ストーカー被害者は常に嫌なものを日々見せられているが、その究極がエンブレムであったり新元号なのだ。

だから私は、そうならないようにこうしてブログに書いているのである。

何もしないでじっとしているだけだと、どんどんこの国は悪い方に向かっていく。非力ながらでもそうならないように先手を打ちたい。

新元号については、また記事にするかもしれない。



posted by ARISUTAMA at 21:00| Comment(0) | 集団ストーカー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: