コメントが入らないようにされている可能性があります。 私はコメントは拒否していませんし、承認制にもしていません。コメントすれば、すぐ掲載されるようになっています。 コメントが出来ない場合アメブロの玉の思いの方にコメントしてみてください。下記です。メッセージもできます。

https://ameblo.jp/arisutama7/entry-12304585702.html よろしお願いします。


2015年07月20日

AWG体を治す周波数


前回の記事の動画では、遠隔操作の機器で精神的ダメージ、身体的ダメージを与えることができると紹介した。

癌にすることもできるし、統合失調症にもできる。

ダメージを与える周波数を遠隔で照射するのである

この世はすべて様々な周波数で成り立っているようだ。

だから周波数を変えると、今まで見えなかったものが見えるようだ

普通の人は霊は見えないが、この世の周波数を変えると、その霊も見えるようになるのではないか

現に本物の霊能者は霊が見えるみたいだ

本物の霊能者は、普通の人にはない特殊な周波数を持っているのではないだろうか


精神的ダメージ、身体的ダメージを与える周波数があるなら、逆に体を治す周波数もあるだろう

このブログでも記事にしているが、体によい周波数528Hzがあり、これは傷ついた遺伝子を修復する効果があると言われている。

しかし528Hzで癌を治すことはできないだろう

癌を治すその他様々な病気を治す機器が存在しているようだ

それがAWGという機器


AWG.jpg


AWG (Arbitrary Waveform Generator) は医学博士松浦優之が25年間の歳月をかけ研究開発した段階的波動発生装置です。


「エレクトロニクスで痛みの基を殺滅する」
「ヒト疼痛の全断痛」
 世界初の新しい技術AWGの紹介です。



AWGは、ガストン・ネサン博士のソマチッド理論に合致した世界初の新しい技術です。(詳細は「完全なる治癒ーガストン・ネサンのソマチッド新生物学」、クリストファー・バード著にあります)

AWGはアメリカ・ロシア・中国・カナダ・EA・メキシコ・香港・韓国など12ヶ国で国際特許取得、世界138ヶ国に特許出願済です。

AWGの発明は、波動治療装置における発振周波数を、コンピュータープログラムにより疾病の種類に応じて複数の発振周波数を自動的に選択し投射します。

その投射方法は、疾病ごとに、周波数の波動を、ある一定の法則で変化させ発振し、治療磁場と不関磁場を作り、その間に弱電を投射し、治療効果を得るものです。

●生体細胞・組織の活性
●NK細胞の活性がUPし、免疫力が上昇する
●血液の弱アルカリ化
●血管の拡張
●血漿・リンパ混濁の浄化
●ウィルス、バクテリア、体内寄生虫のコアの破壊
●感染細胞内のDNAを破壊
●内分泌腺を刺激しホルモンを正常分泌
●生体内のDJVC抗原を作りだし免疫を一気に上昇させる
●脳幹を刺激してα波、βエンドロフィン、オキシトシンホルモン、メラトニン等の分泌を促す作用
●カルシウムパラドクスにより組織細胞内に沈着・付着したカルシウム、コレステロール、トリグリセイド等の硬化物を粉砕し、体外に排泄する
●ソマチッド充電
●疼痛緩和

癌・心臓病・脳卒中・糖尿病・肝炎などの代表的な慢性疾患他、約400種類の疾病に対し、その根本に作用し、有効な臨床結果も得ています。


転載終了


ロシアの有名人・佐野千遥博士も、このAWGを改良して更によい機器にしたいと考えているようだ


12月12日衆議院議員会館にて日本がん難病サポート協会名誉会長にスミルノフ学派DR佐野千遥が就任



病を原子核の内から治すのがAWGなのだが、AWG器機を使った症例には従来、効果が出た者と、出なかった者が居た。

佐野はAWG専門ジャーナリスト俊成正樹氏と共に効果が出なかった患者が居たその原因を検証して、現実には家庭用電力・電圧で電子を光速度近くまで加速する事が実現出来ていない事を探り当てた。

そこで佐野はAWG発明者松浦ゆうじ氏と、西村明美氏に対し、家庭用電力・電圧のみで亜光速まで電子を加速する為に佐野独自の「トポロジカル超電導回路」と「S極単極スカラー磁場発生装置」の科学技術ノーハウを提供する用意が有る事を通達してある。


転載終了


改良の余地はあるのだろうが、AWGが癌やその他の病気を治した実績もあるようだ

私はこのAWGは本物だと思っている

この機器を購入する場合は1台600万円ぐらいするそうだ

レンタルもあるが、一月15万円するようです。

AWGを使用した治療院は、数は少ないがあるので、興味がある人は調べてみるとよいかと思います。


「AWG」は魔術か、医術か? 全摘後の乳房が甦る「波動医学」の奇跡



カスタマーレビュー

投稿者 hukushimaぱぱ 投稿日 2013/3/17

波動って言葉はオカルトっぽく、
まったく信用してませんでしたが、
この本を読んでから実際に体験しました。
ただの胃炎に対してAWGを使用しましたが、
胃がグルグルひねり回っていました。
(全然痛くないです)
まるで胃が逃げ回っているように。
その翌日に胃炎の違和感はなくなりました。


投稿者 西山 美知子にしやま みちこ 投稿日 2013/4/17

本を読んでAWGを使ってみました。10年以上あれほど悩んだ膝と腰痛の激痛がすぐに治まりました。
私が勧めて使った友達も白内障にならずに済んだと喜んでいます。


タグ:周波数
posted by ARISUTAMA at 19:13| Comment(2) | 真実 7
この記事へのコメント
はじめまして。

主人と友人がAWGを使っています。
主人は健康維持の為、友人は肺癌と間質性肺炎を治すためです。

AWGは友人が3年前の夏に余命宣告を受け、西洋学では命が助からないと聞いて「何とか助ける方法はないのか?!」と探していた時に福島の知人から治療院を紹介されて知りました。

余命数か月となった友人が一回数時間の照射を三日間受けたら『体に変化』を感じたようでした。

その後友人は自宅近くに照射を受けられる場所を見つけ、週2回の照射を続け、現在も自分で車を運転して治療院へ通い、ごく普通の自宅での生活を続けています。

治らない筈の間質性肺炎の影が薄くなり、
進行性のがんが一か所転移したまま「止まっている」状態です。

AWGは経験と知識(特に東医洋医学)が豊富な治療者がいるところで継続して受けると必ず効果が出ます。

更にレンタルをして治療院と自宅とで毎日AWGの照射を続ければ効果は一層高まり、完治も望めると思います。

AWGの更なる改良、楽しみですね。
Posted by ぽっぽさん at 2015年08月14日 23:49
ぽっぽさん

コメントありがとうございます。

AWGの貴重な体験談もありがとうございます。

たぶん、AWGをレンタルして毎日照射すれば癌は完治するのではないでしょうか

実は私はレンタルしようと申し込みまでしましたが、いろいろあり断念しました。

今でもレンタルして毎日照射してみたいと思っています。

この世は全て周波数、波動です。よい周波数に変えればこの世は天国にもなるようです。
Posted by 玉の思い at 2015年08月16日 12:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: