2015年05月23日

秋葉原通り魔事件は捏造だったのか


いや〜驚きました。秋葉原通り魔事件は正真正銘の大事件だとばかり思っていましたが、どうもそうではなく、おかしな点が多々あるようですね!!

秋葉原通り魔事件.jpg

↑の画像は、加藤智大が捕まる直前の画像ですが、後ろの方にいる道路を歩いている人達て、どうして無関心なんですか?

こんな大捕り物があったら、警官だって大声を出して威嚇したり説得したりするでしょう。相手はナイフを持っているのですから、そしたら周りの人たちは全員振り向く筈ですよ。どう見てもおかしいですね

この画像は加工されたものと言っています。ようは加工してTVが放送したと言われています。

それから、加藤智大は何人も人を刺したのに、服には一つも返り血が付いていないそうです。

↓ナイフも小さすぎるということで、こんなナイフでは胸を貫通させることは無理とのことです。

加藤智大.jpg


秋葉原通り魔事件の裏側


本当に全ての犯行を加藤本人が一人で行ったのでしょうか?

私は違うと思います。

わずか3分という時間に17人もの人を殺傷できるでしょうか?

しかも犠牲者の一人は胸部貫通が死因です?


刃渡りたった13センチ程度のナイフで、
大人の胸部を貫通できるでしょうか?

おかしな点は、他にもまだ沢山あります。

犯人は次々と多くの人をナイフで刺したと伝えられていますが、
加藤本人は返り血を全くと言っていいほど浴びてなかったのです。

彼は白い服装だったので返り血を浴びてたら目立つはずですが、
全く血の付着が見当たりません。


被害者の出血.jpg

被害者の出血は大量なのに犯人の服や手、凶器のナイフにすら血が付着していないのは実に不自然です?

それもそのはず。
犯人は「加藤智大」ではないのですから。

実はこの事件では、もう一人の加藤が存在すると言われています。

つまり真犯人は逮捕された加藤智大ではなく、
もう一人の別の男だったのです。

加藤は真犯人の替え玉として使われた可能性が非常に高いのです。

となると、加藤は極刑という重い判決を受けましたが、
実際は冤罪だということなのです。

この事件は複数の人間による国家ぐるみの
計画的犯行によるものだと考えられます。

もう一人の加藤、つまり真犯人は、
小太りで団子鼻の男だったといわれているのです。


転載終了


仕立てあげられる犯人。君野さんは冤罪だ!


目撃者のブログにでてくる発砲音と小太りの男
事件発生直後の情報では「犯人は馬乗りになって返り血を浴びながら刺していた」「2回の銃声がした、ピストルをもっているぞ、逃げろ」などというものが出ていたが、いつの間にかなくなっている。

また目撃情報の中には、同じく「犯人が小太りで車を降りたあと何度も刺し、かなり返り血を浴びていた」というものもあった。

この事件にはカルトによる保険金殺人や利権が絡んでいる可能性もある。


転載終了


いろいろな説があるようです。加藤智大は嵌められたとか、加藤智大と警察との間で、何らかの裏取引があったなど

加藤智大は嵌められたとしたら、加藤智大は事件に誘導されたということ、操られたということです。悪魔(支配層)は人間を操ると20日の日に記事にしましたが、まさにこれが操られた事件ということになります。

加藤智大と警察との間で、何らかの裏取引があったというなら、それは後藤健二、人質事件と同じだということになりますね

どちらにせよ、この秋葉原通り魔事件も作られた事件ということになります。


世界ミステリー事件ファイル すべては捏造だった! (別冊宝島) (別冊宝島 1728 ノンフィクション)
posted by ARISUTAMA at 12:14| Comment(2) | 犯罪 2
この記事へのコメント

記事内容に同感。ひとから聞いた話。
ひとつ、捏造写真の証拠が明らかになっているらしいので検証してみてください。

>「ホコ天♀J始を待った?
  犯行前に周辺で待機」

>このサトームセン前の横断歩道上の容疑者加藤智大のナイフ片手の写真。
 加藤の向こう側の男性の姿がサトームセンのミラーになった円柱に映っているが、横断歩道の上にいるはずの加藤が映っていない≠フです。映っている男性の姿と比較すれば、加藤の姿が無い≠フは一目瞭然。証拠採用の写真が偽造写真ですね。
Posted by at 2016年08月30日 20:01
コメントありがとうございます
検証は、もういいと思います。
嘘ニュースで確定していますので

加藤の姿が無い画像を分析していただいてありがとうございます
Posted by 玉の思い at 2016年09月01日 13:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: